ゼニカルで油出る

ゼニカルは油や脂質が多い食べ物を食べたときに高い効果を発揮します。なぜならゼニカルは油を体外に排出する作用があるためです。なのであまり油を含んでいない食事には効果がありません。

プレート式冷却痩身とゼニカルの効果、生理中も服用?

エステサロンでは様々な痩身エステを受けられます。
その中でも話題となっているのが、プレート式冷却痩身です。
この医療痩身は文字通り、冷やす事で痩身効果を発揮する点が特徴です。
水分は0度で凍る性質がありますが、脂肪は約4度程度の温度で凍ると言われています。
プレート式冷却痩身は、この脂肪が他よりも高い温度で凍る事を応用した痩身エステです。
脂肪が凍ると脂肪細胞がダメージを受け、施術を行った部分が細くなります。
脂肪を凍らせると聞くと、かなりの痛みがあるのではと不安になりますが、ほとんどの場合痛みを感じる事はありません。
二の腕やお腹回り、太ももやお尻など部分的に痩せたいという時に、プレート式冷却痩身は大きな効果を発揮します。
ただ、どれだけ痩身効果の高いエステを受けても、高カロリーな食事を取りつづけてしまうと元の状態に戻ってしまうので注意が必要です。
リバウンド防止や、あと数キロ痩せたいという方は、ゼニカルというダイエット薬でダイエットしてみてはいかがでしょう。
ゼニカルは海外で、実際に肥満治療薬として処方されている内服薬です。
食事の前や食後1時間以内に服用する事で、食事に含まれる脂肪の吸収を約30%分もカットします。
これはゼニカルに含まれる、オーリスタットという有効成分が脂肪分解酵素、リパーゼの働きを抑制する為に起こる効果です。
食事で摂った脂肪はそのままだと分子が大きすぎてしまい、腸で吸収できません。
リパーゼが細かく分解する事で吸収されます。
ゼニカルを服用する事で、脂肪が細かくならないので吸収が阻害されるのです。
女性は生理前や生理中になると、女性ホルモンバランスの変化から、食事の量が増えたり脂っこいものを食べたくなります。
このような時にゼニカルを服用すれば、大幅に脂肪の吸収が抑えられるため、太り難くなるでしょう。